① 『 売却 』した場合のメリット・デメリット
<メリット>
■不動産を所有し続けることで発生する費用(固定資産税、維持費、管理費)が不要
<デメリット>
■売却費用(仲介手数料、測量費、解体費、登記費用等)の発生
■売却代金より住宅ローンの残債が多い場合、持ち出し資金が必要。

②『 賃貸 』した場合のメリット・デメリット
<メリット>
■住宅を保有しながら家賃収入を得ることができます。また、将来的にまた住むことも可能です。
■固定資産税、維持費が経費として認められるので税金の控除対象になり確定申告により節税することができます。
<デメリット>
■借り手がつかない空室リスクや、家賃滞納などの入居者トラブル
■借り手を見つけるための室内リフォーム費用負担
■建物の劣化や設備の故障による修繕費の負担
駅近い等の人気エリアであれば、安定して賃貸収入を得ることが可能ですが、そうでない場合には家賃収入が安定せず、維持費などを考慮すると収支がマイナスになる可能性もあります。

③ 維持した場合のメリット・デメリット
<メリット>
■住宅という資産を継続保有できます。また、将来的にまた住むことも可能別荘、セカンドハウスとしても利用可能
<デメリット>
■定期的なメンテナンスが必要なため管理費や維持費用が発生
■固定資産税の負担や不法侵入や火事等の防犯面での心配が生じる

晃 榮 産 業 株 式 会 社
東京都八王子市日吉町11-20
コーエイビル1階
TEL(代表)042-626-0489
FAX 042-626-0094
営業時間:9:00~18:00
定休日:水曜日・日曜日・祝祭日